第12回 3Dマイホームデザイナーコンテスト 


トップページ

コンテスト概要

受賞作品

ノミネート作品

応募作品

賞金・賞品

授賞式風景
応募作品一覧
理想のマイホーム部門 インテリアコーディネート部門 プロフェッショナル部門 フリー部門
スクール部門【個人】
ジュニア
スクール部門【個人】
高校生以上(専門学科)
スクール部門【個人】
高校生以上(一般学科)
 
スクール部門【団体】
高校生以下(専門学科)
スクール部門【団体】
高校生以下(普通科)
スクール部門【団体】
短大・大学(専門学科)
スクール部門【団体】
短大・大学(一般学科)
応募作品:32点
最初のページへ <前のページへ 4/4 次のページへ> 最後のページへ

作品画像
立岡 隼弥 さん
登録件数1点 岡山県

「Ki」+「Eco」+「Hito」の家

これから新しく家を建てる人が考える事の一つとして、
Ecoの問題も考えるべきだと言う事。

それを明確にアピールできる家を考えました。

どんな国の人でも見ればすぐに解る「木」。

これをモチーフにした住宅です。

「木」は住宅を造る上で、なくてはならない素材です。
しかし、過剰な森林伐採による自然災害や生態系の変化等を起こして
しまいました。

海外木材に頼る日本ですが、これからは国産の木材を使用しようとする
国の動きもでてきています。

そこで、国産木材も使った住宅、Ecoな生活が出来る住宅、
安らぎのある住宅、住んでいる人がEcoをしている気持ちになれる住宅、
心にゆとりができる住宅、
そんな住宅をモジュール化し、道路沿いに並列して建設し、団地にする事で
「Ecoな団地」として世界に発信できる場所が出来ないかと考えました。

住宅地図で見ると「Ki」が並んで森になる、そんな夢の住宅。
詳しく見る

作品画像
渡邊 直美 さん
登録件数6点 茨城県

家族みんなに優しいワンフロアスタイルの家

子育てをしやすくするためにプランニングしました。
キッチンからもリビングからも、キッズスペース(置き畳)も中庭で遊ぶ子供も見守れます。また、日本では子供が小さい頃は一緒に寝る家族がほとんどです。寝室を2階に取るのではなく、家族みんなの寝室を広く1階に取ることによって、水廻りも近く、また、子供が寝た後も、夫婦はリビングで安心してくつろげるようになっています。子供との時間も大切にしながら、夫婦二人の時間も大切にできるワンフロアスタイルの住まいは、家族みんなにとって、やさしく、伸びやかに生活できる空間となっています。
詳しく見る


最初のページへ <前のページへ 4/4 次のページへ> 最後のページへ
 
メガソフト トップ | 間取りソフト 3Dマイホームデザイナー | サイトマップ | プライバシーポリシー | 著作権・リンク |
Copyright © MEGASOFT Inc.